口以外が原因で口臭が起きる要因と対策

口以外が原因で口臭が起きる要因と対策

口臭の原因は口の中にあることが多いのですが、口以外で口臭の原因になってしまうことがあります。

それは鼻や喉・内臓など体の不調による口臭です。

口の中以外に口臭の原因があるのはどんな時なのでしょうか?

口以外の口臭の原因は、鼻・喉・内臓の病気にあります

歯磨きをしてもなかなか口臭が消えないという時や、口臭がなんだかいつもと違う臭いがするという時はありませんか?

また体調がすぐれない時などに口臭を感じる人も多いです。

内臓(胃腸・肝臓)の口臭の原因となる病気

口臭の原因になりやすい内臓は、胃腸と肝臓です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

胃の不調による口臭

胃は外的要因・内的要因どちらからも影響を受けるデリケートな臓器です。

食べ過ぎや飲み過ぎなどの胃に直接負担がかかることからも勿論影響を受けますが、悩み事やストレスなどの胃に直接負担がかからないことでも、胃に負担がかかってしまうのです。

胃が不調になると、消化不良を起こし、食べ物が胃でなかなか消化されずに体内に長くとどまってしまいます。

すると残った食べ物が異常発酵を起こして悪臭を放つようになります。

この悪臭が胃壁を通り血液に取り込まれて全身を巡り、肺に達して気化され呼吸となります。

これが胃からの口臭になるのです。

胃が原因による口臭は、ドブ臭い臭い・雑巾のような臭いと言われ強烈な口臭です。

胃の不調による病気は、急性胃炎・慢性胃炎・胃潰瘍・逆流性食道炎・十二指腸潰瘍・胃がんなどがあります。

これらはピロリ菌の感染によって起こっている場合もありますので、胃の不調の場合は早めに病院での診察をオススメします。

腸の不調による口臭

腸も口臭の原因になる内臓です。

口から遠い腸がなぜ口臭の原因になるかというと、それは腸に棲む悪玉菌が関わっているからです。

腸内には、善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在しています。

プラス腸には日和見菌という菌が存在しているのですが、日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢な方と同じ働きをします。

腸内環境が良好で善玉菌の活動が活発で優勢の場合は、日和見菌も善玉菌となり腸内で活躍してくれます。

腸内環境が悪化して悪玉菌の活動が活発で優勢の場合、日和見菌も悪玉菌となり腸内には悪玉菌が増殖してしまいます。

悪玉菌は腸内の老廃物を分解して悪臭ガスを発します。

この悪臭ガスが腸壁から血液に取り込まれて全身を巡り、肺に達して気化され呼吸となります。

これが腸からの口臭になるのです。

腸が原因による口臭は、卵が腐ったような臭いでオナラのような感じです。

腸の病気は、慢性便秘・慢性下痢・吸収不良症候群・感染性腸炎・潰瘍性大腸炎・虫垂炎・大腸ポリープ・腸閉塞・クローン病・大腸がんなどがあります。

腸の病気の改善も、食生活と生活習慣が大きなポイントになります。

大腸がんなども自覚症状はほとんどないので、早期発見で完治することも多いです。

定期的な検診と、不調の時には早めに病院を受診しましょう。

肝臓の不調による口臭

肝心かなめ、という言葉があるように、肝臓は体の中でもとても重要な役割りをしています。

肝臓の役割
  1. 代謝機能
    食事から取り入れた栄養を、体内で必要なエネルギーに変えてくれる
  2. 解毒
    アルコール・アンモニア・薬などの体にとって有害物質をろ過して解毒し、無害にする
  3. 胆汁の分泌
    消化酵素を作り、血中のコレステロール値を調整する。
脂質の消化吸収をする

この役割の中でも、解毒という役割が口臭に関係しています。

解毒は、体内に入ってきたアルコール・薬などの有害物質を、人体にとって無害な成分に分解する働きです。

肝臓は日常生活のあらゆる原因によって負担がかかってきます。

以下の項目に心当たりはないでしょうか?

  • お酒を毎日飲む
  • 喫煙する
  • 暴飲暴食をする
  • 夕食が遅い時間である・寝る前に食事をする
  • 天ぷらや揚げ物などの油物を食べることが多い
  • 刺激物を好んで良く食べる
  • 味付けの濃いものが好き
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレスが多い
  • 抗生物質・解熱鎮痛剤を常用している
3つ以上当てはまる人は、肝臓に疲れがたまって口臭がしている可能性があります。

肝臓が弱ってくると、重要な役割である解毒の役割が追い付かなくなり、体内に有害物質が残ってしまいます。

この成分の中には、お酒を飲んだ後に体内で発生するアセトアルデヒドや、腸内で発生するアンモニアなどの悪臭成分があります。

これらが血液に取り込まれて全身を巡り、肺に達して気化され呼気として口臭となるのです。

肝臓が弱ってくると口臭だけでなく、体がだるい、肩こりがひどい、不眠、食欲不振、いつも疲れているなどの症状が出てきます。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるように、自覚症状があまりないまま病気が進行します。

何となく疲れているのかな、と見過ごしていると、肝機能の低下から重篤な肝臓の病気に進行している可能性があります。

肝臓の病気は、急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・脂肪肝・肝臓がんなどがあります。

肝機能の低下と風邪の症状は似ているところもありますが、専門機関で定期的な検診をして肝臓の病気を見落とさないようにしましょう。

糖尿病や癌など口臭の原因となる病気

糖尿病は遺伝が原因のことが多いですが、食べすぎ・飲み過ぎ・喫煙・ストレス・運動不足が原因なおが原因で糖尿病にかかる人も居ます。

糖尿病の人は、甘酸っぱい臭いやリンゴが腐った臭いなどの独特の酸っぱい臭いを発することが特徴です。

糖尿病の人は、唾液の分泌量が低下するために、口内に細菌が増殖して口臭を発します。

糖尿病は合併症も多く、糖尿病患者は歯周病にもなりやすい、という統計が出ています。

歯周病にかかると、歯周病菌が発する悪臭ガスによる口臭も加わりますので、さらに口臭がきつくなります。

尿の臭いで癌の種類を見分ける癌感知犬がいるように、癌の人は独特に臭いを発すると言われます。

癌患者の尿も独特な臭いがします。

いつもと違う口臭がしてい気になる場合は、重大な病気かもと心配するよりも早めに病院で診察を受けましょう。

薬の副作用が口臭の原因となる場合も

病気を治すために飲んでいるお薬が副作用の原因になってしまう場合もあります。

口臭に関係する口内が関係する副作用があるお薬は以下の通りです。

  • 風邪薬
  • 鼻炎薬
  • アレルギー剤◇向精神薬◇抗ヒスタミン剤
  • 解熱鎮痛剤
  • 胃酸の分泌を抑える薬
  • 利尿剤
  • 血圧の薬

これらの薬を飲むと自律神経に作用し交感神経の働きを刺激するので、唾液の分泌が減少して口臭がしてしまうのです。

口以外が原因の口臭対策の方法

口以外が原因で口臭がしてしまう場合は、症状別に対策方法が違います。

自分の症状にあった対策を取っていきましょう。

病気が原因の口臭は完治と共に治ることも

病気が原因で口臭がしている場合は、その病気の完治とともに口臭も治る場合が多いです。

まずはそれぞれの臓器に出ている症状を改善していきましょう。

内臓の調子を整える

胃腸や内臓の不調からくる口臭は、まず内臓の調子を整えるように気を付けましょう。

それには毎日の食生活や生活習慣が大切になります。

胃の不調が原因で口臭がしている人は、以下のことに気を付けるようにしましょう。

  • バランスの良い食事を取るようにする
  • あぶらっこい食品ばかりを食べない
  • 暴飲暴食をしない
  • お酒は飲み過ぎず、週に2日は休肝日を作る
  • ストレスを溜めない
  • 毎日適度な有酸素運動をする(ウォーキング・ジョギングを20分程行うと理想)
  • リラックスする時間を摂り、睡眠もたっぷり摂る
  • できれば禁煙する
  • 姿勢を良くする

腸の不調から口臭がくる人は、以下のことに気を付けるようにしましょう

  • 腸内環境を整えるような食事をする
    • 乳酸菌が含まれる食品を摂るようにする(ヨーグルト・漬物・キムチ・味噌など)
    • 食物繊維が含まれる食品を摂るようにする(サツマイモ・ゴボウ・こんにゃく・きゃべつなど)
    • オリゴ糖が含まれる食品を摂るようにする(はちみつ・バナナ・タマネギ・キャベツ・りんご
  • 肉中心だけではなく、野菜中心の食生活にする
  • 毎日ヨーグルトを食べる
  • ストレスを溜めない
  • 毎日適度な有酸素運動を行う
  • おなかを締め付けないゆったりとした服装をする

肝臓の不調からくる口臭の人は、以下のことに気を付けるようにしましょう

  • お酒を飲み過ぎないようにする
  • お酒はすきっ腹に飲まない
  • お酒を飲むときは、何かを食べながら飲むようにする(肝臓の働きを助ける食品だとなお良い)
  • 週に2日は休肝日を作るようにする
  • 肝臓に良い食品を取り入れるようにする(タコ・イカ・ぶり・しじみ・ひらめなど)

内臓からの口臭は、それぞれの臓器の不調を改善することが必須です。

普段から意識して食生活と生活習慣の改善していきましょう。

鼻やのどに口臭の原因がある場合の対策方法

鼻やのどに口臭の原因がある場合は、鼻炎・慢性鼻炎・副鼻腔炎・後鼻漏・膿栓などの症状が原因になっている可能性が高いです。

このような場合は、口からだけでなく喉の奥の方から口臭を感じたり、喉の奥がネバつくといった症状があります。

いつもなんとなく臭いという感覚があるため、不快感が長く続きます。

慢性鼻炎や副鼻腔炎といった鼻炎は、風邪をひいたときに細菌が副鼻腔や粘膜に感染して発症します。

通常は鼻水は鼻の穴から出るのですが、鼻水の量が多すぎると喉の方へ流れる場合があります。

これが後鼻漏です。

水分が少なくなった鼻水が喉に落ちた場合、喉に長くへばりつくため細菌が繁殖しやすくなります。

その細菌が口臭の原因となってしまうのです。

膿栓は、細菌の死骸と喉の粘膜が混ざって出来る膿汁が乾燥して発生します。

膿栓は細菌の死骸の塊なのでとても臭いのです。

膿栓も口臭の原因となります。

どちらも対策としては、耳鼻咽喉科を受診して、鼻とのどの治療をすることをオススメします。

また自分でできるケアとしては、こまめにうがいをすることも大切です。

喉で細菌が増殖しないように、こまめにうがいをして洗浄しましょう。

副鼻腔炎は、免疫力が低下すると悪化します。

うがいをしながら生活習慣も改善し、免疫力を高めていきましょう。

薬の副作用の場合は、口内の乾燥を防ぐ

薬の副作用で口臭が起きる人は、口臭がするからと言って勝手に薬を中止したりせずに、医師に相談して薬の種類を変えてもらうなどの対策を取りましょう。

自分でできる対策としては、ガムを噛む・レモンや酸っぱいものを食べる・歯磨きやうがいをするなど実践して唾液の分泌を促すようにしましょう。

口内の乾燥を防ぐケアとして、こまめな水分補給をすることも大切です。

1度にたくさんのお水を飲むのではなく、何度かに分けながらこまめに少量ずつ水分を補給していくようにしましょう。

この時摂る水分は、ジュースやコーヒーなどでなくお水がオススメです。

ジュースやコーヒーは別の口臭を引き起こす原因になってしまいますので水分補給には適しません。

口以外に口臭の原因がある場合は病気や体調の影響が大きい

口以外に口臭の原因がある場合は、体調不良が影響していることが多いです。

また自覚症状がなくても重篤な病気が潜んでいる可能性があります。

口臭は体調不良のサインでもありますので、体調が悪くいつもと違う口臭を感じた場合は、早めに病院を受診するようにしましょう。