はちみつや重曹を使った簡単な舌苔の取り方

舌が白くなる舌苔、舌苔は口臭の原因にもなります。

舌苔を取って舌を綺麗なピンク色にしたい!と思っている人に朗報です。

舌苔は、過程で身近にあるはちみつや重曹で落とすことが出来るのです。

でははちみつや身近な物を使って舌苔を取っていく方法をご紹介します。

口臭の原因になる舌苔が増える原因

起床時、空腹時の口臭など人間には生理的口臭があるのですが、その口臭の原因の60%は舌苔が原因とされています。

舌苔とは、舌の表面にある糸状乳頭の隙間に、食事の食べカスや細菌が溜まって舌が白く苔が生えたように見える症状です。

舌苔の細菌は、食べカスを分解してメチルメルカプタンなどの悪臭ガスを発します。

これが口臭になってしまいます。

舌苔は取りすぎると逆効果!歯ブラシで強く磨くのが逆効果

舌の表面はとても繊細なひだひだ状の糸状乳頭で覆われています。

舌を歯ブラシでごしごしこすると、糸状乳頭の細胞が削れて化膿してしまいます。

するとそこに細菌も増えて舌苔を形成してしまうのです。

このように舌苔を歯ブラシでこするとどんどん細胞は削れて舌が角化してしまい、舌苔は厚くなるばかりです。

また舌を過剰に磨くと舌が炎症を起こして真っ赤になることがあり、味を感じる味蕾(みらい)を傷つけて味覚障害を引き起こす可能性もあります。

舌苔を取りたくても、歯ブラシで舌を磨くことは逆効果なのでやめましょう。

体の調子が良くない

体の不調は舌に顕著に表れると言われます。

疲労が溜まって免疫力が低下すると、胃腸の不調にもつながります。

胃の不調は消化不良を起こし、腸の不調は便秘症につながります。

胃腸の不調から舌苔も出来やすくなり、口臭の原因にもなります。

体内の不調だけでなく、外的ストレスも舌苔の原因になります。

ストレスは自律神経に影響を与えるので、唾液の分泌量に影響して唾液量が少なくなり舌苔が出来やすくなります。

また虫歯や歯周病で口内に細菌が増えることでも舌苔が出来やすくなります。

食べカスが口内に残っている

食事をした後の食べカスが口内に残っていると、舌苔の原因になります。

口の組織の中でも舌は特殊な構造になっていて、舌の表面はざらざらとしています。

舌の皮膚は折り重なっており、皮膚を広げると元の面積の何倍も広くなるようになっています。

舌の表面の構造からたくさんの食べかすも舌に入り込みやすくなっていて、そこに細菌も付着しやすくなり、食べカスと細菌が混ざって舌苔となるのです。

唾液の減少、ドライマウス、口呼吸が原因細菌が増加

鼻呼吸ではなく口呼吸をしている人は口内に空気が通りやすくなるので、唾液が蒸発して唾液のぴつりょうが低下し、口の中や喉が乾燥してしまいます。

唾液の量が低下すると、唾液の役割である洗浄・殺菌効果が発揮できなくなるため、口内には細菌が繁殖するようになるため口臭の原因になってしまうのです。

ドライマウス症になると口内に細菌が増加しやすくなるだけでなく、舌も乾燥してしまいます。

舌が乾燥すると、舌の表面に溝が出来て細菌がさらに付着しやすくなるため、口内に細菌が増加し食べカスと混ざり舌苔となるのです。

舌苔を取る理由。

放っておくと口臭の原因に…

舌苔は細菌の塊が付着しているようなものです。

舌苔が出来ると、舌苔の細菌がメチルメルカプタンなどの悪臭ガスを発するため、口臭の原因になってしまうのです。

舌苔による口臭は、口臭の理由全体の60%を占めるほど大きな理由です。

口臭改善には、舌に付いた細菌を除去して舌を綺麗にしなければなりません。

しかし舌苔はゴシゴシとこするのはNGです。

舌にやさしい方法で舌苔を取り除いていきましょう。

はちみつを使った簡単な舌苔の取り方

手軽にできる舌苔の取り方として、自然食品であるはちみつを使う方法があります。

スーパー等で売っているものでよいので、天然はちみつを用意しましょう。

メープルシロップなど加工されたものではなく、天然成分100%のはちみつを使います。

はちみつは偽物も多いので注意してください。

はちみつ入りジュースなどは、加熱されて酵素の成分が壊されてしまっているため、効果が期待出来ないので舌苔取りには不向きです。

はちみつで舌苔が取れる理由

はちみつの効能である殺菌効果が、舌苔を自然に分解していってくれるのです。

はちみつの中でも生はちみつ、とくにマヌカハニーは殺菌力が強いと言われているはちみつで、その効果も高くなります。

プロテアーゼ(酵素)が舌苔を殺菌・分解

舌苔の原因となる食べカスは、タンパク質が原因の汚れになります。

はちみつにはプロテアーゼというたんぱく質を分解する酵素が含まれているため、はちみつを舐めることで舌苔についた細菌殺菌し、汚れを分解する効果があるのです。

はちみつに含まれるグルコン酸という成分も殺菌効果があり、口内の殺菌の増殖を減らすことが出来ます。

はちみつは口内の乾燥を防ぐ役割もあるのでとてもオススメです。

方法は簡単!はちみちを舌の上で転がすだけ

はちみつ小さじ1杯を、舌の上に乗せて2~3分口の中で転がします。

これだけで良いので、とても簡単で手間もかからないので、ぜひやってみて下さい。

はちみつは砂糖と成分が違い主な成分はブドウ糖と果糖で、血糖値も砂糖程は上がりにくいので安心です。

特にアカシアはちみつはGI値が低いのでオススメです。

また、はちみつの効果として、歯石を構成するリン酸カルシウムの形成を遅らせる働きがあるので、歯石を出来にくくしてくれたり、便秘予防、美肌効果と女性に嬉しい効果も多いのです。

注意
厚生労働省の指導により、はちみつは1歳未満の子どもには与えないようにしてください
はちみつにはボツリヌス菌が含まれていて、赤ちゃんがはちみつを食べると乳児ボツリヌス症という病気になる可能性があります。

ボツリヌス菌は食中毒の原因にもなる菌で、免疫力が低く腸内環境が整っていない赤ちゃんが食べると、万一ボツリヌス菌が繁殖した場合、赤ちゃんには菌の繁殖を食い止める力がないのです。

乳児ボツリヌス症にかかると、ボツリヌス菌が腸管内で増殖して消化器官の働きが悪くなり、3~5日くらい便秘症になります。

その後手足を動かさなくない、首を持ち上げないなどの神経麻痺がおこり危険な状態になります。

赤ちゃんが1歳になるまでは、はちみつを与えるのはやめましょう。

はちみつ以外の簡単な舌苔の取り方

舌苔はゴシゴシこすらずに優しく取っていくのがベストです。

はちみつ以外にも簡単に舌苔を取る方法がありますのでご紹介します。

重曹うがい

重曹うがいの方法となぜ舌苔が分解できるのか

舌苔はタンパク質です。

重曹にはタンパク質を分解する効果があるので、重曹でうがいをすることもオススメです。

重曹には、食用・薬用・業務用と3種類ありますが、このとき使う重曹は食用重曹を使用します。

重曹うがいの方法
  1. コップ半分くらいの水に、重曹小さじ1杯を入れて溶かして重曹液を作る
  2. 口に含み、くちゅくちゅと口全体に行き渡るように10秒ほどうがいをして、吐き出す

重曹はお肉を柔らかくする効果があるので、同じ原理で舌苔のタンパク質も柔らかくなります。

家に重曹がある人はぜひやってみましょう。

上あごに押し付ける

上あごの粘膜は舌よりも固くごつごつしているので、舌を上あごにこすりつけると舌の表面についている苔や汚れは落ちていきます。

繰り返しこすりつけていると、舌苔がだんだん減少してきます。

また舌を動かすことで唾液の分泌も促す効果があるので、舌苔の予防に繋がります。

舌ブラシ

舌のケアとして一般的に多く使われているのは舌ブラシです。

日中の口臭を防ぐためにも、舌ブラシは朝食後に行いましょう。

朝食により唾液も分泌されていますので、舌苔取りやすくなります。

舌ブラシの使い方
  1. 口を大きく開けて舌を突き出す(舌を出さないと嘔吐反射をしてしまうため、可能な限り舌を突き出すようにする)
  2. 舌の真ん中にブラシを軽く充てる
  3. 奥から手前に1方向にブラシを引く(ブラシを往復させない)
  4. 1~2回ブラッシングするたびに水で舌苔を洗い流す。

    舌苔の量も確認する

  5. ペースト状の舌苔が付かなくなるまでブラッシングする
この時強い力で磨くのは厳禁です。

ブラッシング回数は10回~最大でも30回まで、1日1回にしておきましょう。

くれぐれも舌ブラシでの取りすぎは厳禁です。

使用後は舌ブラシを水洗いして自然乾燥させてましょう。

タンパク質を分解できるマウスウォッシュ

舌苔を取るには、舌苔のタンパク質を分解することが重要です。

タンパク質を分解することが出来るマウスウォッシュを使うこともとても有効です。

どのマウスウォッシュにもタンパク質を分解する成分が入っているわけではないので、成分表示をよく見て選びましょう。

海外製のアルコールが強く入っているマウスウォッシュは、うがいをした瞬間は口がすっきりしますが、アルコールが強すぎるとかえって口内が乾燥してしまいますので注意が必要です。

はちみつを使っても舌苔はすぐ出来る!毎日できる口臭対策を

舌苔ははちみつを使って取っても、またすぐに出来てしまいます。

舌苔を取ることばかりに固執せず、舌苔が付き肉ような口内環境を心がけることもとても大切です。

そのためには、口内が唾液で潤っておくこともとても大切です。

唾液には殺菌作用・抗菌作用がありますので、唾液で口内の細菌の繁殖を抑えることが出来るのです。

口の中が乾燥すると、自律神経にも影響して免疫力が低下していきます。

口内が乾燥しないように、口呼吸を鼻呼吸に切り替える、など毎日出来る口臭対策を心がけるようにしましょう。